医療法人博善会

〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原4丁目17-17

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは

「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」とは、高齢者の居住の安定を確保することを目的として、バリアフリー構造等を有し(高齢者にふさわしいハード)、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービス(安心出来る見守りサービス)を提供する住まいの事です。

高齢者にふさわしいハード

バリアフリー構造、一定の面積・設備

安心出来る見守りサービス

ケアの専門家による生活相談や安否確認サービス

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)への入居にあったてのメリット

生活の自由度が高い

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は要介護度の低い元気な高齢者も受け入れているため、施設への出入りをいつでも自由に出来ます。

入退去のハードルが低い

要介護度の低い人でも積極的に受け入れてくれるのが特徴です。
また、高齢者住まい法により入居者の同意のない一方的な契約解除は禁じられれています。つまり突然退去させられる心配がなく、安定した暮らしが確保出来ます。

初期費用を定額に抑えられる

一般的な賃貸マンションやアパートと同様に、入居時に敷金や礼金が必要となります。

安心して住み続けられる

同じケアマネージャーに担当してもらえる

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と有料老人ホームとの違い

  • 一般的な有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の最も大きな違いは契約形態にあります。
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、住宅部分については建物賃貸借契約を結ぶとともに、生活支援サービスを提供する場合は、サービス利用契約を別途締結します。
  • 一方、有料老人ホームの多くは利用権方式を採用しています。
    これは、入居の際に一時金を払うことで、終身にわたり居室と共用施設を利用する権利と、介護や生活支援サービスを受ける権利が保証されるという契約形態です。
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、建物賃貸借契約を結ぶことが前提とされていますが、これは利用権方式による契約と比較し、入居者の居住の権利を確保しやすいとみなされているためです。
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、居住の権利が保証された上で、サービスは選択制で利用する賃貸住宅と言えます。
    一方、有料老人ホームは、住居もサービスも同一事業者によって包括的に提供される施設と捉えることができます。

対象者

対象者は、60歳以上の高齢者。または要介護・要支援認定者およびその同居者になります。(同居者は、配偶者・同条件の親族・特別な理由により同居する必要があると都道府県又は指定期間が認めた人になります。)

介護サービス

介護サービス費の限度額の1カ月(30日)の自己負担額の目安
特定施設入居者
生活介護の指定
要介護度
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
あり 5,880円
(196円×30日)
13,590円
(453円×30日)
16,800円
(560円×30日)
18,840円
(628円×30日)
21,000円
(700円×30日)
23,040円
(768円×30日)
25,140円
(838円×30日)
なし 4,970円 10,400円 16,580円 19,480円 26,750円 30,600円 35,830円

あくまでも目安であって、正確な金額は異なることがあります。

生活支援サービス

宅配便や郵便物の預かり、外出の際の付き添い、買い物代行、食事の提供、洗濯部屋の掃除やゴミ出しの家事の援助などを行います。

当施設の特徴

  • 24時間、365日、医療・介護スタッフが常駐しています!
  • 外部のサービスも利用でき、自由度の高いオープンな生活が可能です!
  • 介護度の制限額以上の介護費用がかかることはないため安心できる料金設定になっています!

概要:サービス付き高齢者向け住宅
(サービス付き高齢者向け住宅状況提供システム参照)

PAGE TOP